絵を飾る*インテリアに美術館公認、複製画を超えた再現画アルテ・キアラ

《大きな赤い室内》

Henri Matisse
Grand intérieur rouge
1948

アンリ・マティス (1869-1954)
《大きな赤い室内》
カンヴァス,油彩 146 cm x 97 cm
パリ,ポンピドゥーセンター 

絵画サイズ: 【A】36.5x24.25 cm
【B】73x48.5 cm
作品コード: MatGra

作品タイトルに「大きな」とつく通り大きめのキャンバスに、全体に広がる強烈な赤の色彩が飛び込む作品。一瞬奥行きが分からず平面と思いきや、2枚の絵画がかかる壁は、床と直角に交わり、空間構成をなしています。

アンリ・マティスは生涯にわたり、アトリエや旅先を含めて「室内」をテーマにした作品を描きました。「室内」というテーマは、マティス作品において一つのカテゴリーを築いています。長年さまざまな表現の変遷を経てマティスは「室内」を主題に制作を続け、本作品は晩年のマティスが室内を描いた最後の一点です。晩年、マティスは切り紙による作品が中心となりましたが、そうした表現方法を踏まえた上でのこの作品には、初期の室内を描いた作品よりも、切り絵さながらの即興的な遊びすら感じられます。

画面全体を赤が支配する中、画家はペアとなるオブジェの並置や対比を楽しんでいるようです。2点の絵画、2台のテーブル、2枚の動物の毛皮――カタチや色、モティーフが異なるオブジェが対で描かれますが、色やかたちは異なり、絶妙なバランスで保たれています。動物の毛皮にいたっては、まるで生きているかのようにユーモラスに描かれています。黒い輪郭線は強烈な赤い背景から浮き出るかのように表現されて、全体の絵画空間を構成しています。

マティスは豊かな色彩の中でも特に「赤」を多用した画家でした。しかしながら、マティスがこの作品を制作した時の写真が残っており、それによると、壁の色は当初「赤」ではないことが分かりました。途中で変えたのは、オブジェ固有の色彩を描くのではなく、画家が描く時の情感に響き合う色彩を選んだという見方もできます。「私は色彩を通じて感じます。だから私の絵はこれからも色彩によって組織されるでしょう」とは、「色彩の魔術師」ならではマティスの言葉です。

販売価格 216,000円(税抜)
型番 MatGra
【A】36.5x24.25 cm【B】73x48.5 cm
絵画サイズ

絵画サイズ
【A】36.5x24.25 cm【B】73x48.5 cm
*現在、約45日間の制作期間を頂戴しております。

カテゴリーから名画を探す

読みもの

お声をお寄せください

この度は、当サイトにお越しいただき、誠にありがとうございます。 みなさまにとってのお気に入りの絵は、いつ、どこで出逢った、どんな作品でしょうか?お気に入りの絵画を見つけた時のふわっとするような感覚、こみ上がる感情、目の前で出会ったドラマチックな喜びを日常でも感じていたい…。特別な絵画との出逢いは、展覧会だったり、旅先だったり、感性や思想に繋がるものだったり、想い出をたどるものであったり、なかなか得難い貴重なものなのだということを、お客様のお話の中で理解させていただきます。

これまで美術館のコレクションは、お部屋に飾りたくてもとうてい手の届かない存在でしたが、歴史に培われた職人文化の秀でるイタリアで、アーカイブ技術と卓越した職人技術の融合により、特別な一点を日常に取り入れられるものになりました。再現画アルテ・キアラでは、飾る壁に合わせたご希望のサイズやご予算などにも応じてオーダーメイドでご注文いただけます

豊富な作品群は、古代の壁画からモンドリアン、マティス、シャガールなどのモダン絵画まで。当サイトに掲載のない作品でも、お調べして制作できる場合がございますので、何なりとお問い合わせください。 お気に召すものをご一緒にお探しし、心に豊かさと感動をもたらす特別な1点をお届けするお手伝いになりましたら幸いです。