絵を飾る*インテリアに美術館公認、複製画を超えた再現画アルテ・キアラ

《モスローズ》(1890)

Pierre Auguste Renoir (1841-1919)
Moss Roses

ピエール=オーギュスト・ルノワール
《モスローズ》(1890)
カンヴァス,油彩 27x35 cm
パリ,オルセー美術館  

絵画サイズ: 約原画サイズ
作品コード: RenMos

モスローズというのは、つぼみに苔(Moss)のような腺毛がついたバラで、日本では「苔薔薇」と呼ばれるオールドローズの品種である。突然変異で誕生し、ビクトリア時代に流行したバラとしても知られている。花言葉は、「尊敬、愛の告白、無邪気、可憐、崇拝」など。

これは、50歳頃のルノワールが描いた作品であった。印象派から誕生し、印象派を乗り越え、画家自身が探究し続けた独自の作風が確立していた頃でもあった。そのような中でも、バラ本来の形よりも、その自由なタッチで表現した幾重にも重なり合った花弁の印象を捉えた様子から、印象派時代の作風に近づけた作品といえる。

この作品は、当時医師で印象派の収集家でもあったジョルジュ・ヴィオ(1855-1939)が入手し、1907年まで手元に置いていた。その後、ルーヴル美術館絵画部門の学芸員として、モネ展やルノワール展などの回顧展を手掛けたポール・ジャモ(1863-1939)の手に渡り、最終的に国家に寄贈された。

販売価格 216,000円(税抜)
型番 RenMos
作品

*現在、約45日間の制作期間を頂戴しております。

カテゴリーから名画を探す

読みもの

お声をお寄せください

この度は、当サイトにお越しいただき、誠にありがとうございます。 みなさまにとってのお気に入りの絵は、いつ、どこで出逢った、どんな作品でしょうか?お気に入りの絵画を見つけた時のふわっとするような感覚、こみ上がる感情、目の前で出会ったドラマチックな喜びを日常でも感じていたい…。特別な絵画との出逢いは、展覧会だったり、旅先だったり、感性や思想に繋がるものだったり、想い出をたどるものであったり、なかなか得難い貴重なものなのだということを、お客様のお話の中で理解させていただきます。

これまで美術館のコレクションは、お部屋に飾りたくてもとうてい手の届かない存在でしたが、歴史に培われた職人文化の秀でるイタリアで、アーカイブ技術と卓越した職人技術の融合により、特別な一点を日常に取り入れられるものになりました。再現画アルテ・キアラでは、飾る壁に合わせたご希望のサイズやご予算などにも応じてオーダーメイドでご注文いただけます

豊富な作品群は、古代の壁画からモンドリアン、マティス、シャガールなどのモダン絵画まで。当サイトに掲載のない作品でも、お調べして制作できる場合がございますので、何なりとお問い合わせください。 お気に召すものをご一緒にお探しし、心に豊かさと感動をもたらす特別な1点をお届けするお手伝いになりましたら幸いです。