絵を飾る*インテリアに美術館公認、複製画を超えた再現画アルテ・キアラ

《ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会》(1876)

Pierre Auguste Renoir (1841-1919)
Dance at Le Moulin de La Galette 

ピエール=オーギュスト・ルノワール
《ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会》(1876)
カンヴァス,油彩 131x175cm
パリ,オルセー美術館

絵画サイズ:【A】65x87cm 【B】131x175cm
作品コード: RenDan

この作品はルノワールの最も重要な作品で、発表された1877年の第3回印象派展で注目された。当時の現代的な生活、にぎわう群衆、開放感、光の作用、豊かな色彩、柔軟で素早い筆触など、新しい様式のあらゆる要素をこの一枚に集約していたといえる。この絵にはルノワールの友人や知人たちが登場するが、ここでの画家の目的は、モンマルトルの丘で人気だった野外のダンス場の活き活きとした歓喜の雰囲気や日常の喜びを伝えることにあった。

この作品が描かれた頃、モンマルトルはまだパリの郊外にすぎず、庭園や空地に混じっていくつかの風車があった。ムーラン・ド・ラ・ギャレットなるダンス・ホールは、ドゥブレー家が所有する二つの風車の間に建つ大きな倉庫の中にあったが、暖かい季節には、隣接する広い庭で舞踏会が催されていた。日の光がアカシアの木の間から漏れる野外のダンス場で、男女が喜びと幸せに満ちた青春の讃歌をゆらめく光の中で繰り広げられる。自然光や電飾光を浴びた動きのある群衆の観察は、活気に満ちた明るい色の筆が用いられた。

パリジャンたちの光景を瞬間的に切り取ったような一瞬で即興的に描いた絵という印象を与えるが、この瞬間性は表面上にすぎず、ルノワールはひと夏を費やし、この作品に取り掛かったのだった。革新的なスタイルと堂々とした型で、印象主義の手法を大画面の人物構図に適用したといえる。ルノワールの最も野心的なこの作品は、しばしばオルセー美術館のガイドブックの表紙にもなることも多い印象派初期時代における代表的な名画である。2016年初来日した展覧会「オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展」では、当時のムーラン・ド・ラ・ギャレットのダンス・ホールも舞台となった映画映像などの演出もあり、普段オルセー美術館では見られない雰囲気の中で作品の魅力が一層惹き立っていた。

販売価格 324,000円(税抜)
型番 RenDan
【A】65x87cm【B】131x175cm
絵画サイズ
作品

絵画サイズ
【A】65x87cm【B】131x175cm
*現在、約45日間の制作期間を頂戴しております。

カテゴリーから名画を探す

読みもの

お声をお寄せください

この度は、当サイトにお越しいただき、誠にありがとうございます。 みなさまにとってのお気に入りの絵は、いつ、どこで出逢った、どんな作品でしょうか?お気に入りの絵画を見つけた時のふわっとするような感覚、こみ上がる感情、目の前で出会ったドラマチックな喜びを日常でも感じていたい…。特別な絵画との出逢いは、展覧会だったり、旅先だったり、感性や思想に繋がるものだったり、想い出をたどるものであったり、なかなか得難い貴重なものなのだということを、お客様のお話の中で理解させていただきます。

これまで美術館のコレクションは、お部屋に飾りたくてもとうてい手の届かない存在でしたが、歴史に培われた職人文化の秀でるイタリアで、アーカイブ技術と卓越した職人技術の融合により、特別な一点を日常に取り入れられるものになりました。再現画アルテ・キアラでは、飾る壁に合わせたご希望のサイズやご予算などにも応じてオーダーメイドでご注文いただけます

豊富な作品群は、古代の壁画からモンドリアン、マティス、シャガールなどのモダン絵画まで。当サイトに掲載のない作品でも、お調べして制作できる場合がございますので、何なりとお問い合わせください。 お気に召すものをご一緒にお探しし、心に豊かさと感動をもたらす特別な1点をお届けするお手伝いになりましたら幸いです。