絵を飾る*インテリアに美術館公認、複製画を超えた再現画アルテ・キアラ

《白い猫》(1894)

Bonnard Pierre (1867-1947)
The White Cat 

ピエール・ボナール
《白い猫》(1894)
カード,油彩 51x33cm
パリ,オルセー美術館

絵画サイズ: 51x33cm
作品コード: BonWhi

ボナールは白い猫がきゅーっと背中を丸めるしぐさを歪みを使うことによってユーモラスな姿で描いている。足をふんばって強く丸め、首をひっこめ、なんともいえない表情をしているこの不思議な動物は、飼いならされたようにも野性的にも見える。

ボナールの習作から、画家は猫の姿や足の位置を決めるのに、長時間使ったことが明らかになった。この作品のX線からも、たくさんの変更があったことが分かり、その幾つかは目にも見えるほどである。ボナールは「アートは自然ではない」と語った。ボナールの白い猫はまるでフランスのカリカチュア(風刺画)のようなっており、「観察と理解に長けた巨匠の中の天才による、コミカルでユーモアのある絵」(Elisabeth Foucart-Walter)と評される。

この絵画の装飾的なスタイルは、曲がりくねった線が顕著で、背景の奥行がなく主題が平面的に置かれた作風は、1894以降のナビ派の典型といえる。日本画のインスピレーションが、非対称の構図や主題の選択にも色濃く表れている。ボナールは葛飾北斎(1760-1849)や歌川国芳(1797-1861)のファンでもあり、特に北斎や国芳が浮世絵に描いたお馴染みの猫たちにも影響を受けたようである。

この作品のように、ボナールは猫にフューチャーした無数の作品を創作した。猫は時にはシンプルなディテールとして、大きく扱われることもあれば、小さく配されていることもあり、またこの《白い猫》のように、主題の中心として描かれることもあった。
販売価格 283,500円(税抜)
型番 BonWhi
作品

*現在、約45日間の制作期間を頂戴しております。

カテゴリーから名画を探す

読みもの

お声をお寄せください

この度は、当サイトにお越しいただき、誠にありがとうございます。 みなさまにとってのお気に入りの絵は、いつ、どこで出逢った、どんな作品でしょうか?お気に入りの絵画を見つけた時のふわっとするような感覚、こみ上がる感情、目の前で出会ったドラマチックな喜びを日常でも感じていたい…。特別な絵画との出逢いは、展覧会だったり、旅先だったり、感性や思想に繋がるものだったり、想い出をたどるものであったり、なかなか得難い貴重なものなのだということを、お客様のお話の中で理解させていただきます。

これまで美術館のコレクションは、お部屋に飾りたくてもとうてい手の届かない存在でしたが、歴史に培われた職人文化の秀でるイタリアで、アーカイブ技術と卓越した職人技術の融合により、特別な一点を日常に取り入れられるものになりました。再現画アルテ・キアラでは、飾る壁に合わせたご希望のサイズやご予算などにも応じてオーダーメイドでご注文いただけます

豊富な作品群は、古代の壁画からモンドリアン、マティス、シャガールなどのモダン絵画まで。当サイトに掲載のない作品でも、お調べして制作できる場合がございますので、何なりとお問い合わせください。 お気に召すものをご一緒にお探しし、心に豊かさと感動をもたらす特別な1点をお届けするお手伝いになりましたら幸いです。